Skip to content

土地を購入する時に業者を信用しすぎないようにする

現代の土地利用は、既に横へと伸びる平面状の利用のみではなく、空へと伸びる高層建築と共に、地下へと伸びるものというように、立面状の利用へと進化しているわけです。

この地下の利用というものでは、地面の上ではなく下を走る地下鉄というものがその先陣を切り、それに続いて、地下の商店街として誕生した地下街というものが出現して、今ではそれがすっかり当たり前のものとして定着することととなりました。

しかし、空に伸びる摩天楼のような高層住宅というものは、もはや当たり前のものとなってはいても、地下に伸びる地底住宅というものは、まだ本格的に出現してはいないわけです。

もちろん、地下の住居というものも、既にだいぶ前から存在してはいるわけですが、高層マンションのような地下マンション、というような本格的な地底住宅というものは、まだ出現していないからなのです。

今後の土地利用というものを考えてみた場合に、空に向かって伸びる高層住宅と共に、この地下に向かって伸びる地底住宅というものの出現が、土地利用の効率性という観点から考えても、十分に考えられることなのです。

土地の購入はその人にとっては重大な事であり、出来るだけスムーズに事を終えたいところです。
しかし、業者選びも大変で多くの業者の中から信頼できる会社を選ぶ事が必要です。

大事な事は業者の言うことを全て鵜呑みにしないということです。
例えば将来周辺の土地が開拓されて、土地の値段が上がるので今が買い時だと言われたとしても、開拓される補償は全くありません。

そして契約内容にもそのことは含まれていないので、実際に開拓されなかったとしても業者を責める事は出来ません。
口車に乗ってしまったり、土地の購入において興奮して冷静な判断が出来なくなってしまって勢いで購入してしまうような事にならないように気を付けたいところです。

また、周りにビルが建って日当たりが悪くなる事もあります。
そういった事も全く補償されないので、自分で周辺地域の動向を調査して、本当にこの土地を購入してもいいのかどうかを判断する事が大切になってきます。

土地を運用してマンションを建てる

土地を持っている人は裕福であるとされています。
土地があるだけで何故そんなに儲ける事が出来るのかと疑問に感じる人もいます。

何故儲ける事が出来るのかという理由は、土地を人に貸し与えるからです。
貸すということは勿論無償で貸すのではなく、使用料を支払ってもらって貸し与えます。

つまり一度土地を購入してしまえば、後は貸し与えるだけで毎月お金が入ってくる事になります。
一般的な事業としてはガレージが有名です。

しかし、中にはもっと効率の良い稼ぎ方が存在します。
それはマンション建設の為に必要な土地を貸すということです。

これは自分がマンションのオーナーになるのではなく、マンション建設の業者に分け与える事によって住民からの家賃収入の何割かを貰う事が出来ます。
つまりガレージよりも多くの収入を得る事が出来るという事です。

ガレージとの違いは、建設に時間がかかるということです。
早くても一年以上は待つ必要があるので、それまでは収入を得る事が出来ません。